トップページ >  養毛剤の豆知識 >  養毛剤とは

養毛剤とは


一般に頭皮・髪の効能成分の分類は、 男性型薄毛抑制、毛母細胞活性、血管拡張、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化 の10種類に当てはまります。 このうち、「抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解」などの頭皮のコンディションを整える効能を主に狙った商品が「養毛剤」です。

養毛剤とか育毛剤とか発毛促進剤などのさまざまな呼び方があるので、髪の毛が薄くなった方は気にかかるかもしれません。 ただ、養毛剤とは医学的に定義のない曖昧な言い方で、 法的にも、規定や決まった成分が含まれているわけではありません。

効能の中心として「養毛剤は、髪の毛や頭皮の健康状態を高める商品」であるということを抑えておけばいいでしょう。

初期のはげや脱毛にお悩みの方は使い始めるのにはいい商品ではないでしょうか? 利用者の数も増えてきましたから、各メーカーもその成分内容にはこだわった商品開発をすすめています。

養毛剤にもタイプがあります。 大きく分けたら、『発毛促進タイプ』と『脱毛抑制タイプ』の2つに分類できます。 『発毛促進タイプ』は抜けてなくなった髪の毛がまた新しく生えてくるような発毛促進効果が高い成分が主に含まれています。 『脱毛抑制タイプ』は今まだある髪の毛が抜けないように、頭皮や髪の毛を強く育毛する効果が高い成分です。 養毛剤はあまりにも広範囲で使われていますから、育毛・養毛の内容や効果・効能、主成分もまちまちの商品が目立っています。 ただ、『発毛促進タイプ』の養毛剤を使用するなら、育毛剤・発毛剤を使うのも選択としてアリでしょう。

いずれにせよ、配合成分をしっかりと確かめること、成分から10種類の効能のうち、どれに効果があるか見極めることが大切です。 このサイトでは、養毛剤の成分の効能を全てチェックしてますので、参考にしてみてください。