トップページ >  養毛剤の豆知識 >  養毛剤と育毛剤の違い

養毛剤と育毛剤の違い


髪の毛のコンディションが気になったら何もしないと、残念ながら髪の毛が元気になっていくことはできません。 髪の毛のケア―に効果がある養毛剤と育毛剤にはどのような違いがあるのでしょうか?

養毛剤は薬ではなくて、化粧品の一種に分類されています。 薬用成分が入っていなくても髪の毛にいい成分が配合されている化粧品類を「養毛剤」と表示することが可能なのです

。 育毛剤は医薬部外品の仲間になっています。 医薬部外品はただの化粧品よりもさらに高い育毛の効果が期待できる商品のみが表示できる名称です。 医薬部外品の育毛剤は髪の毛が抜けないように予防をしたり、発毛の促進やフケ・かゆみをなくして、頭皮のコンディションを整えるといった働きを持っています。 医薬部外品に指定された育毛剤の機能で考えられるのは、血管を拡張させることによって、頭皮や髪の毛に流れている血液の量を増やしていきます。 髪の毛が薄くなってしまう方は血流がよくないことが原因になるので、育毛剤の働きで髪の毛や頭皮の血流量を増やすことはいい方法です。 育毛剤は毛乳頭の働きを正常にして、毛母細胞に栄養を与える役目もしてくれます。